りゅうそ~社長のくりえいと

リュウソークリエイト株式会社の社長である白田が、住宅業界から社会情勢まで新時代に向けて期待を込めて勝手に思い悩む。。

建築会社の理想

あっという間に寒くなってまいりました!ブログをまめに更新する、、努力が必要です、、( ;∀;)
タイトルが「建築会社の理想」と訳の分からないことになっていますが、昨今ITベンチャーというジャンル?のお仕事もさせてもらっている中で、われわれ建築工事会社がやるべきこと、お客様・元請様に提供していかないといけないことが少しながらわかってきたように思います。といってもわかっただけでは何もできませんし、行動して実際にお客様に喜んでもらうまでが大変なのも重々承知いたしております。。

なんだか産業の化石とも思える建築工事業界でイノベーションがあちこち起こってきています。気がします。。
しかし、実際にお客様のお家を建てたり工事をする工事会社さんはあんまり変わっていません。もちろん弊社もです。こういった時はベンチャー精神のある企業が伸びていくんでしょうが、そういったベンチャーとその事業機会なるものはどうか?そのへんを考えると中小零細工事会社(工務店)は本当に危機を感じるべきだと思います。
ただただ仕事量が減らないように営業強化したり、経営系コンサルやIT系コンサルと契約してみたり、リフォームリフォーム言ってみたり、、しきりにお客さんを求めてやっていく。それが活路と信じてやっていく。。正解でしょうか?

こんな話が有名ですよね。。
西部開拓時代のアメリカ、皆が一攫千金(利益)を求めたゴールドラッシュ、、だけどその中で一番儲けたのはその集まった人々にスコップを販売した人たちだった。。なるほど。。
仕事が減るぞ~!顧客を取らないと~!!と叫んで活動している工事屋さんに「業績が上がる!受注が増える!」といってコンサル契約を増やすコンサル会社、「成約率アップ!」とかいった営業支援などのITソリューションを提供する企業、、結局これが先ほどの話のスコップ屋さんと同じなんでしょうね。。(なんか切ないですよ!)

だとすればわれわれ工事会社、住宅会社がやるべきことは見えてきますよね。今はバブル時代でも高度成長期でもありません。お客さんも「良いものですよ!」と言われたからってアホみたいに高い買い物はされませんよ。(毛皮?)
工事会社がITソリューションなどを必要としているように、お客様にとって何が必要かということ。コスパも満足いただけて「欲しいもの」を提供していく必要があると思います。。
「良いもの、良いもの」ではありません。視点が違いますよね。「欲しいもの」です。。(品質が悪いというのは問題外ですが)

リュウソークリエイトは今後お客様が本当に欲しいもの、、ここの部分を創造していきたいと思います。
お客様の暮らしというものに「普通はね」ではありません。ベンチャー精神でお客様の本当の喜びや満足を追求していきたいと思います。簡単ではありませんが、それがやるべきこととして今後も力を入れていきたいと思います。。

「八尾市 中古住宅」真夏のオープンハウス開催中!!

本日、明日と八尾市東山本にて「真夏のオープンハウス!!」を開催しております。。(^^;;
あつい!あついけどカキ氷があるから大丈夫!!という事でお暑い中来ていただいても一気にクールダウン出来るようカキ氷を準備しております。。
お気軽にご来場下さい。。m(_ _)m
カキ氷だけでも全然OKですよ!笑

20150808014418

















20150808014447


















20150808014517

「職人不足」その前に!!

暑い日が続いておりますね!
これだけで痩せれるのなら何も言うことはないんですけどね。。。

さて、先日「リフォーム産業新聞」様に私のコラムを掲載していただいたので転載させていただきます。


目先はまだまだ職人不足問題について深く考えておられる方は少ないかもしれませんが、人口ピラミッドが下降に傾き始めた以上、近い将来の問題として今から色々と考えていく必要があります。
責任ある住宅・施行を提供する者としては、しっかりと準備しておかないといけない問題だと思います。。

『おしゃれな家』『新築』 寝屋川市池田中町

7月25日(土)26日(日)に住宅説明会を開催致します!
寝屋川市池田中町の新築住宅、カーサ・デ・オリーブの都市型版『カーサ・デ・チッタ』というシリーズのお家になります。。


今回は弊社から少し離れた寝屋川市という事で、ハウスモニター様も同時募集しており(限定1組)、モニターになって頂けるお客様にはかなりお得にマイホームを手に入れて頂けるようになっております!!
モニター!?と言いましても写真をウェブで使わせて頂く事と、6ヶ月間もしも同シリーズのお家を検討されているお客様がいた場合に事前に確認させてもらった上で見学のご協力を頂くだけです(^ ^)
詳細につきましては添付チラシをご確認下さい。。

当社の若きエース『東くん』が担当致します。アズマではありません!ヒガシです!!笑
すごく可愛げな男なので、からかいでも結構ですので遊びに来てやって下さい(⌒-⌒; )
皆さま、お時間がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい!!m(_ _)m
info@ryuso-create.jp

image-0001

















image-0002

戸建住宅の耐用年数

昨今では中古住宅流通という言葉をよく聞くようになってきています。
新築をどんどん建ててきたせいでこの国には有り余るほどの住宅(ストック住宅)があります。そこで中古住宅を利用していこう!という政策なんかもあるのですが、現実的にはまだまだです。。
どちらかというと中古マンションを買ってリノベーションするという方が増えてきていますね。というのもこれは耐用年数の都合でそうなるわな~って感じです。マンションは土地の価値が含まれない分、新築当初の値下がりは大きいですが築10年~15年で下げ止まってきます。更に耐用年数(法定・経済)も 40年オーバーですのでそこそこの期間で住宅ローンを組むことが出来ます。なので築15年の中古マンションを買ってリノベーションして住むのは資産価値の事を考えてもなかなか理想的ですね。

それに比べて戸建住宅は徐々に価値がなくなるのはいいのですが、建物の価値がほぼ無くなるのは20年。。(ほぼ土地の価値だけに)、それはそれで築20年を超えた戸建を買って修繕工事をして住めばいいやん!ってなるのですが、木造住宅の耐用年数は約20年。。。住宅ローンが難しいです。。。そんな基準で住宅ローンをやってるから中古住宅が流通しにくいんだと思いますが、(これに対応してローンをやりだしてる金融機関もあるかもですが。)この辺は早く対応してほしいですね。耐震・断熱・省エネ性能などなど、現在の基準に改修した住宅はちゃんと金融機関にも資産価値として評価されるようにならないといけませんね!
いくら家が余ってます!中古住宅を再生して住みましょう!日本人は欧米に比べて家の寿命が少ないです!って言われても、折角大金をかけて改修リフォームしてもひとつも資産価値に評価されないんだったら誰が新築にせずにボロ家に喜んで住むねん!!っちゅう話ですよね!笑
まぁこれからはどんどんそういう風になっていくんでしょう。。やるんだったら国にはもっとざくざく やっていってほしいですね~!(そういった取り組みがあるのも知っていますし、色んな事情はあるでしょうが勝手気ままに言っちゃってます。。(^_^)v)
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ