りゅうそ~社長のくりえいと

リュウソークリエイト株式会社の社長である白田が、住宅業界から社会情勢まで新時代に向けて期待を込めて勝手に思い悩む。。

【関西】職人不足対策!職人を育成しよう!

本日は神奈川県横浜に本部を置く『一般社団法人クラフツメンスクール』という、建設業の職人さんを育てる取り組みを行っている団体の、関西初プレ講座をご紹介します。。

関東で行われたプレ講座には私も見学に伺い、右も左もわからず現場職人となり先輩職人や親方に叱り飛ばされてはすぐにやめていく若者にとって、非常に優しく為になる講座だと思いました。
そりゃ一昔前の職人さんからすれば『甘いこと言ってたらあかん!俺らの時は親方に小突かれたもんやで~!』とおっしゃられるかもしれませんが、今は今ですよ!!昔は昔はと言っていても将来は良くなりません。是非、まだ経験が浅い職人さんを雇っている工事会社さん、親方さんは参加させてみてはどうでしょうか!?参加費は無料となっていますので試してみるチャンスではないでしょうか。。

代表理事の仲本氏は、自身でも業界上位の工事会社も経営されており、その立場でおられるにもかかわらず更に業界の事を思い、日々多忙にもかかわらず頑張っておられますし、人としてもすごく立派な方です。是非とも無料のプレ講座にご参加いただきそれらを体感してもらいたいと思います。。

(社)クラフツメンスクール関西プレ講座案内

※問合せ・申込先は案内の中にございますのでそちらでお願いします。。



 

建設業のクラウドソーシング

何度かこのブログでもご紹介した、建設業手間請け支援アプリ『請なび』が、リフォーム産業新聞さんで取り上げられました!
20150203043038



































中小零細の建設工事会社さんが、職人の流動化に賛同してくれたり、率先して職人さんのクラウドソーシングを理解し、利用してくれるにはまだまだ遠さを感じるものの、ほぼ確実に来るであろう建設業のIT化、それに伴って起こる様々なイノベーションの風。。
なんか見えますよね!!自分の幻覚だったらしょうがないですが。。笑

どこかの記事にもありましたが、日本の建設業者は労働者(建設職人さん)を軽視して扱いすぎなんでしょう。。だけど工事会社だってそんな簡単な事ではないんですよ。利益を確保できなければ、職人さんを大事になんても言っていれませんから。
元を辿れば、発注者、事業主の価格競争や生き残りの為の下請叩きが原因で下へ下へと影響が来た結果だと思います。その逆流を起こし、対応企業が残っていき、対応できない企業は淘汰されていく。。そんな事を言っていますが自分の工事会社もそれらに対応できるか必死もんですよ!!(>_<)

ついでにお願いなんですが、そんな時代の変化をいち早く感じ、共感していただけるような工事会社の方が居られましたら何か協力いたしませんか!?色んな取り組みを協力してやりましょう!!
是非是非、ご連絡お待ちしていま~す!!info@ukenavi.com

ZERO-CUBE《ゼロキューブ》東大阪にて!!

この度弊社はZERO-CUBE《ゼロキューブ》という㈱ベツダイが提供する、規格住宅の販売を東大阪エリアでおこなっていく事となりました。。
以前から弊社では幾つかのコンセプトによってパッケージ化した住宅を提供したいという思いを持っておりましたが、いかんせん小さな会社ですので自社のみの力で規格住宅などパーケージ化した住宅を企画開発するには及びませんでした。
そこにきて以前から良い噂を聞いていたZERO-CUBE《ゼロキューブ》の東大阪エリアの営業枠が空いたという事でしたので早速手をあげさせていただいたという事です。
先日、㈱ベツダイまで導入研修に行き、実際にZERO-CUBE《ゼロキューブ》の住宅をいろいろと見てきましたが、本当にセンスも良く、ラインナップも多様で、お客様のニーズをほぼ果たせるだろう内容でありました。
神経をすり減らして細かな打合せを繰り返してまで家を建てたいとかではなく、センスの良い住宅をシンプルな選択で、気に入ったタイプの車を新車で買う時のような感覚で住宅を買えるという意味では、細かなオーダーメイドというよりも感覚重視の今の20代、30代には購入しやすい住宅ではなかろうかと思います。
弊社にて正式に販売活動に入りましたらまたお知らせいたしますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。info@ryuso-create.jp

家を買うということ

世の中の買い物には様々な選択肢が用意されています。どうしても既製品販売となる物は別として、例えば車なんかを買おうと思っても、車両という既製品は出来上がっているがタイヤ、ナビ、オーディオ、シート、スポイラーなど、どのメーカーかも含めてユーザーが選ぶことが出来る。もちろんノーマルで車だけを買い、オートバックスやその他カスタムショップでそれらを行うことも選択できます。

そこで住宅を考えてみるとどうなんだろうって思う。物がどんどん出る大量消費時代は売り手があらかじめ決めた物を消費者がどんどん買う。しかし現在のような今でも十分物はあるが、自分の望むような物が欲しい。それならば少しくらい価格が高くても致し方ない。。そう考えるユーザーにに対して建築業界としてどこまで取り組めているだろうか?そう考えれば中小工事会社でいうと対応の遅れということになる。

もちろん材料(製品)は今現在でも十分に選択する事が出来る。しかし建築物というのは製品と人による作業(工事)、その2つが提供するものであるからユーザーは作業(工事)してもらう業者を選択できているのだろうか。。

今現在、ハウスメーカーやビルダー(建設会社・工務店)に一括発注方式が主流であるが、建築一式工事における外注業者比率は70%をゆうに超える。中小零細に至っては監督以外全部外注業者であったり、大工以外そうであったりする。となるとユーザーは一生懸命、ハウスメーカーや工務店を選択しても、各専門工事業者を選択する余地は一切持たない。ここ数十年雨漏りを一切起こさなかった防水業者や外装会社を選んだり、特性が好きな大工さんにお願いしたり、本当を言えばユーザーが選択すべきものはまだまだたくさんあるのだと考えられます。そこで自ら好んで選択したものにはユーザーは少しの費用アップは受諾できるものであろうし、そういった環境になれば専門工事業者もコストに縛られ利益を捻出するのに必死になって工事がおろそかになってしまう必要もない。本当に良い仕事をやれば評価される。そういう道も企業として進むことが出来るのです。

こういった方法は以前に少し注目された『CM方式』というものにあたるのかもしれないが、今現在でも確実に面白いと言える。保証についても色々と対策は必要であろうが、そういった場面でエージェントと呼ばれる人達がこの業界にも必要になってくるんではないでしょうか。
当社としてもそういった考えを意識しつつ、それらにIT化を組み込むことで選択と管理の『見える化』が、今後ユーザーに求められていくと考え、取り組んでいかなければと思っております。。

建設業界が変わる!?まずはサイディング業界!!

こんにちは!夏らしくなり暑い日が続いておりますが体調などは大丈夫ですか!?
この度は、日頃から建設業界が変わっていく時期だと語っている私から一つPRさせて頂きます。
このサービスは発注工事会社と受注職人さんとの請負のマッチングサポートを行い、かつ、若干職人さんサイドに視点を寄せたサービスとなっており、職人さんの労働環境の良化などに寄与することは間違いありません。。数年後にはスタンダードな形であることの可能性は非常に高いと考えております!!

その時代を変えるサービス、それが『請なび』です。(まずはサイディング業界)

この記事を見られた業者さんも、いらん事をするサービスやわ!とならずに、時代の流れを直視していただきたいと思います。。以前に比べマーケットが縮小する不動産探しが、ホームズ・スーモ・アットホームなどインターネットからの問い合わせが90%以上にまで急伸した流れをご存じだと思います。その時に考え方の堅い不動産屋さんは
業界のIT化を否定し、物件資料をごそごそ持って、専属案件は隠してやってきました。そんな業者さんは今となってはどうでしょうか!?こじんまりとした店構えで営業してるかしてないのかわからなくなってしまっている業者さんもたくさんいます。だから工事会社さんもその流れを拒んだり、職人を囲い込もうとしたりするやり方は限界に来ていると感じてほしいのです。

このサービスはまずサイディング職人を中心とした外装工事関連からスタートします。そして年内には大工、内装(クロス・床)などを予定しており、続けてどんどん工種も増やしていきます。エリアは関西から始まり続いて首都圏、東北、中部圏、、、とサービスを広げていきます。

新しい建設業の職人さんの働き方、それが今から始まるのです。。
その時代の申し子、それが『請なび』なのです。。ご意見などがありましたら、専用ページからどしどしお問い合わせしちゃって下さい!どんな些細な事でも結構ですよ!
今回はPRだけとなりましたが、よろしくお願い致します!!(^-^)



livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ