りゅうそ~社長のくりえいと

リュウソークリエイト株式会社の社長である白田が、住宅業界から社会情勢まで新時代に向けて期待を込めて勝手に思い悩む。。

2012年01月

やる気エネルギー

NCM_0157
NCM_0164



昨日は予定通り橋下大阪市長の新年懇親パーティーに行ってきました。
それにしてもすごい人気というか、参加者がすごく多くてビックリしました!(笑)

橋下市長の話していた事は、その後ニュースや新聞にも出ていたので省略いたしますが、明治時代から続く日本の制度がわかりやすく言えば限界にきているということ。
年金・医療などの社会保障問題や税制、地方自治の在り方や公務員制度などすべてが破綻しており、全体的な大きな舵取りによる方向転換が必要なんだということでした。。

私は政治家でも何でもありませんので、その話の中でああだこうだはありませんが、なんといっても時の人『橋下徹!』 話している最中に会場に放つ、やる気・エネルギーたるや半端なものではありません!!
そのエネルギーが私たち聴衆にもガンガン伝導してくる感じでした。
今回参加した人のほとんどが、政治だけでない何か(事業であったり学業であったり生活のことでも)についても
帰路に就くときには、やる気エネルギー満タンになっていたのではないでしょうか。

少なくとも私にとっては、とても良い刺激となる一日となりました。
私が身を置く、住宅業界・建設業界についても、古くからの今の時代にはそぐわない慣例・風習・体質がたくさんあります。
それをまさに、新時代に向けて正しいことは臆することなく斬新に事業に取り組んでいく。そんな強いエネルギーをもらえた一日になりました!
これからの日本の住環境のあるべき姿を、皆さんが生活する環境がもっと良くなる事を、常に考えながら住宅・建築業者として日々頑張っていこうと思います。。

元気になれ!大阪!!

今日は夕方から橋下徹 大阪市長の後援会パーティーにがあり、参加いたします。
1年ほど前に知事時代の橋下さんの活動や発言を見ていて、何かすごく『応援したい!』という気持ちになったので、その活動に何か遠くからでも参加できないものかとインターネットを見ていると、後援会の存在を知り、すぐに会費を振込んで加入しました。(笑)

私も子供の頃から大阪で暮らしてきましたが、社会人となり事業者となった今では『なぜこんな構造がこの平成の時代の、しかもこんな不景気な時代にもまかり通っているのか』という疑問は多々感じておいります。
そこんところを是非、橋下徹市長には期待します。キリッ

地方の在り方、行政の在り方、さまざまな古くからの権益の在り方、良いところはもちろん残すべきですが、戦後でもない・高度成長期でもない・バブル景気でもない、新たな日本の国家モデルを橋下市長には打ち出していってほしいなぁと思います。
その結果大阪の経済も良くなり、皆が暮らしやすい大阪になっていければと願います。。。

今日のパーティーで橋下市長の面白い発言などありましたら、またご紹介したいと思います。

これからは更にシビアな時代

今日は住宅外装工事(主に外壁サイディング)の事業内容について会社でミーティングを行いました。
やはり方向性を突き詰めていくと、厳しくシビアな取り組みが必要ということになってきます。。。(汗)

ひとことで言えば業務の効率化とコストパフォーマンス・・・ この2点が重要ということだと思います。
外装工事は得意先様から発注をいただき、下請け業者として工事させていただくことが基本です。ということはと上には元請工務店様や事業主の不動産業者様がおられます。
そういう業者様に効率の良い対応と、同業他社に負けないコストパフォーマンスをアピール出来なければ、仕事なんて十分に受注など出来ないのです。
世の中みんなが苦しいのだから自分達が苦しいからといって適当にやったり、高い金額で受注することばかり考えていても、どうにもならないところまで日本は来ているのです。(悲)

不景気や少子化といっても世の中には仕事が必ずあるのですから、その仕事をどんどん取って大きくなっていく企業、仕事がなくなっていく企業、この先数年間は更にはっきりとしてくるでしょう。
差別化を図った高級仕様や付加価値のある仕様の物も、誰かが始めればまたそこで競争が始まります。
住宅産業など需要の低迷が避けられない業界であるなら尚更、効率化を図り対応(サービス)を下げずにコストを下げる。どういう路線に進んでも、必ずクリアすべき課題ということには変わりないと思います。

あ~~考えたらしんどい。。。(苦笑)

長く使える家を目指して

本日はお世話になっている設計の先生のお声掛けで、中古住宅のリフォーム工事の現地下見に行ってきました。
現地に到着して外から見た印象は十分綺麗でしたし、まだまだ作りもしっかりしている印象です。
築20年は経っていそうですが外観だけでいえばそんなにリフォームもいらない感じです。
それからお施主様の要望等をお聞きしながら中のほうも見せていただきましたが、壁や床にはどうしても使用感はあるものの実際人が住むには十分な作りでした。もし工事のご発注を受ければ、仕上がり・ご予算ともに喜んでいただけるように頑張ろうと思います。

そしてひと通り打合せさせていただいて現地を後にしましたが、こういった中古住宅に耐震リフォームや省エネをほどこした住宅を販売していけたらなぁと感じました。今回のお施主様はリフォームのご希望ですが、日本という国はやはり築30年程度の中古住宅であれば、まだまだしっかりした部分がたくさんあるのに建て替えることも多いように感じます。
実際、通常販売されている中古住宅の価格に、耐震や省エネといった最新の基準にまでリフォーム工事するとなると、それこそもう少し頑張れば新築が買えるやん!みたいになりかねません。
ですが、世間で『省エネ・省エネ』といって、まだまだ十分使える住宅を解体し新築をして、その新品の家にあんな省エネ設備を使った、こんな省エネ設備を使ったと言ってもその時点で数十本の木材を使用してしまっています。(当社も建て替えをする際は偉そうには言えませんが・・・悲)

どうしても新品を好む日本人の性質がまず問題なのですが、私としては新築の際にもFPの高断熱工法など省エネというより、そもそも出来るだけエネルギー自体を使わないような高品質住宅を建築・販売したり、今回思ったように中古住宅を最新の基準の住宅に再生・リノベーションした住宅を手掛けていけたらなぁと静々と決意いたしました。笑


すたーと!

リュウソークリエイト㈱の社長をやっております白田と申します。
以後、よろしくお願いいたします。
当社は不動産事業・建築事業・住宅外装事業など住まいのトータルサポートを目指している会社であります。
元々は住宅外装事業を本業として始まった会社でありますが、昨今の住宅業界の時代の変化から当社の目指すものも、ユーザー様に住環境を提供するものとして、建物の外部だけではなく建物全部、建物だけではなくて土地探しや住宅ローンに伴うファイナンシャルサポートなど、欲張りなほどに当社も変化してきました。(笑)
そんな私なりの不動産業、建設業、それに伴う資産管理や資金計画に対する見解や体験、はたまた経営者としての住宅業界や社会情勢に対する思い悩みを(笑)書き込んでいきたいと思います。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ