りゅうそ~社長のくりえいと

リュウソークリエイト株式会社の社長である白田が、住宅業界から社会情勢まで新時代に向けて期待を込めて勝手に思い悩む。。

2013年10月

下請け業者 募集!!

最近はブログでさんざん業界の事を語っておりますが、この度、私と一緒に業界を変えるお手伝いをしてくれる親方さんを募集いたします。
通常のサイディング施工でも良し、プレカット計画を共にやっていくも良し、会って面談だけでも良し、少しでも興味がある方は一度メールでご連絡下さい。

info@ryuso-create.com

単価等については、能力・人間性・施工可能件数などを考慮し、私が直接太っ腹設定致します。。笑
どしどしメールお待ちしております!m(__)m

※問い合わせ多数となった場合は、打ち切らせていただく場合もございますのであしからず。。。

コメントへの返信(記事:将来のサイディング業界)

文字数オーバーでそのまま返信できませんでしたので記事欄になりますがご了承下さい。<(_ _)>

コメントありがとうございます。
早速ですが、工法というか現場のこなし方については原則で言えばプレカット(加工は工場で)が必要だと考えています。
ただ、通常考えられているプレカットではなく、人(職人)の働き方を変えて取り組むプレカットが最終のたどり着くところではないかと私は考えています。
この件についてはまた詳しく記事を書きたいと思いますが、コメント頂いた記事についてお返事させていただくと。
根本的な収益の上げ方がわかっていない為、間違っているとは言わないまでも、どうしようもない論点で外装会社と職人さんがいがみ合っている傾向があるという事を書きたかったのです。
私は職人(手間請けもしました)から始めましたが、親方として経営者として前に進んでいくには、はっきり言って「脱職人」「脱現場」がまずは必要だと考えました。(初めに言っておきますが、脱職人とは現場の事を何も考えない訳ではなく、親方自身の現場施工を同じレベルで誰かにさせることを言っています。あしからず。。)
そして現場についても、上から怒るベテラン職人さんと若手の中間に立ってバランスを取ってあげることも必要です。しかし、親方が現場職人さんですと親方も上から怒る職人さんとなってしまいます。そうなると今の若い職人さんはすぐに辞めてしまいます。

では親方が脱職人をするには?となった時に、当たり前ですが親方自身が職人として現場をたたかなくても親方の収入が確保できる。。というのが条件になってきますが、どうすればそうなるでしょうか?
ここで考え方が問われると思います。
仮に親方自身とベテラン職人、若手見習いの3人で仕事をしたとして、3人の職人としての取り分を引いた上で5万円の利益を残せるとしましょう。5万円では親方は現場を外れる訳にはいきません。
ではその収入を得るのに5件(外壁面積200㎡)の現場を施工したとしましょう。そこの外装会社に㎡単価を100円上げろと駄々をこねたり、怒ったりして100円上ったとしたら200㎡×100円×5件=100,000円の収入が上がります。元々5万円は残せてましたから15万円残せるようになりました。
しかし15万円で親方は現場を外れれるでしょうか!?無理ですよね。
200円/㎡上がって25万円残せたとしても、無理ですよね。。
しかも、先ほども言ったように現場に出ている親方は(類まれな方はいるでしょうが)、上から怒る先輩職人さんと同じです。若手見習いは、誰からもマネジメントやフォローを受けれないので入れ替わりがしょっちゅうおこります。それでは先ほど言った収入でさえ安定させることはできないのです。

長くなってしまうので完結的に言うと、100円単価を上げる事より、まずは人間を多く抱えることの方が近道だという事になります。となると単価という事よりも一緒になって人を増やす事に協力してくれる会社さんとの関係の方が大事になります。
そこで50万円を生む為に10組の施工班を目指します。しかし10班作るのはそれはそれは大変です。一生懸命やっても3班くらいでなかなか苦労するかもしれません。
けれども会社としては元々の単価で続けてきてくれた親方さんが(100円高いから次は違う工事屋さんの仕事を請けるわ!などなく)今では3班で十数件の現場を施工してくれているとなると、その親方さんチームには単価を100円上げる価値あり!!やむなし!!となります。(ふつうは)
そこで考えてみましょう。100円上がった時の1班の収入は15万円でしたよね!?
てことは、その形になった時点で45万円の収入を作り出すことが出来るのです。
マネジメントにもっと力を入れ、班を増やすことも可能でしょう。
営業に出て、材工の仕事を取りに行くこともできるでしょう。
私の考えは独立して儲けようとしていくからには、独立をした次の2番目の目指すべきことは「脱職人」です。
人を雇うのは大変です。一人親方や気の知れた人間と2人だけでやっていく方がとっても気楽です。
ただそのやり方では、自分が現場で働いた分が自分の収入です。。てゆうかそれしか絶対にできません!!経営者と言えど経営者ではなく職人稼業なのです。
会社は数班持っていて生産性に寄与してくれるチームを必ず応援するでしょう。
それは会社にとってもメリットがある事です。親方さんにもメリットがあります。
まとめますと、職人さんが一番先に求めるのは、目先の単価ではなく、チームを大きくできる環境や応援してくれる取引会社なのです。
間違いなく私が今職人稼業に戻ったらそういう展開をしますしね。

ちなみにその複数班を持った施工チームとプレカットを掛け合わせた展開を、今私は取り組んでいくところです。おもしろくなりそうな予感はします!!(^_^)v
ほんとうに長文で失礼しました!書いているうちにノリノリになっちゃいました。。(T_T)
今後とも「りゅうそ~社長のくりえいと」をよろしくお願い致します。

東大阪市出雲井本町 新築 (枚岡駅前分譲地 全4戸)

東大阪市出雲井本町 枚岡駅前分譲地(全4戸 価格帯3480万円~3720万円)
10月12日~10月13日 AM10:00~PM17:00
(開催日、近隣の枚岡神社の祭りにより短縮いたしました。)

オープンハウス開催!!
見学だけでも大歓迎です。。(来場者には粗品進呈)
皆様、是非一度『リュウソーの家』をご覧下さい。
スタッフ一同、お待ちしております。<(_ _)>

お問合せ
ERAリュウソークリエイト
高橋 090-1146-9585

17
474306415645065526364858
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ