少子高齢化が徐々に徐々に現実のものとなって社会に影響を与えだしていますね。統計上では分かっていてもなかなか具体策を取れていないのが我々中小企業だと思ます。
大手企業なんかだいぶ前から、合併・統合を行い、多角経営に乗り出し、最近になってやはり大手企業や金融機関や自治体などなど、健全運営に対する計画→実行のスキームがしっかりしているな~思えるようになってきました。その中身が利益減少であったり税収減少であったり、具体的な影響は違っていても少子化など伴なった人口減少が大きく影響していることは間違いないでしょう。
私の行きつけの美容院のオーナーさんから聞いた話でも、全国22万店ほどの美容院があるらしいのですが、新しく美容師を目指し美容師免許を取得する若者は、年9000人程度しかいないとの事です。あくまで聞いた話ですが、資格を持った若者を新卒で採れる確率って言ったら、、、

それと同じように不動産賃貸業でもワンルームマンションなんかはタブーとなってくるでしょうね!(もうなってるか!?) どうしてもオーナーさんには計画を提案しやすいので(部屋数も取れるし、部屋を大きくしてもその分家賃は取れないし)、今でもワンルームって計画の話はたまに耳にするのですが、『今からやる~!?やっちゃうの~!?』て思っちゃいます。笑  
とは言っても大学や駅が近いとこなんかは絶対ダメってわけではないでしょうが、根本的にワンルームマンションにニーズがある世代の人が減ってるんだからどうしようもないですよね!?(-。-)y-゜゜゜
お金があって投資したい世代の人口は多いけど住む若者がいない。。ワンルームなんか建てても空室ばっかりになっちゃいますよ!!(あくまで私の私見ですので、そういった取り組みの業者の方はお許し下さい。<(_ _)>)

さて事業所数と若年労働者の減少の話に戻ります。
我々建設業などでも同じなのですが、今の時代は団塊世代~団塊ジュニアの比較的というか結構人口の多い世代が現役経営者だったりしますので、生み出されていくこれからのマーケットや労働者に対して会社など供給元が多すぎるんだと思います。昨今では後継者に悩んでいる企業をM&Aで整理するなど時代にあった流れは出来てきてはいますが、まだまだ浸透というかそういった問題意識自体が中小零細企業の中では進んでいないんじゃないかなと思います。

私的には地域工務店などが5社~10社とかで合併して、地域上位のビルダーなどを目指したら面白いんだとは思うのですが、なんやかんや難しいんでしょうね!!
しかし日本の歴史的に見ても(人口推移なども含めて)、これから10年、20年の時代の変化は注目された時代になるんだと思います。それを乗り越えた50代くらい?の自分自身はどんなふうになっていて、どんなふうにその時代の事を語っているのか、、何だか楽しみになってきました。(^_^;)

何だか関係ない事ばかり書いちゃいましたが、全力で時代にあったものやサービスを創造、発信し、少しでも社会に貢献できる企業を目指していきたいなとあらためて思いました。頑張って参りますので今度とも宜しくお願い致しま~す!!(^_^)v