りゅうそ~社長のくりえいと

リュウソークリエイト株式会社の社長である白田が、住宅業界から社会情勢まで新時代に向けて期待を込めて勝手に思い悩む。。

2015年02月

【関西】職人不足対策!職人を育成しよう!

本日は神奈川県横浜に本部を置く『一般社団法人クラフツメンスクール』という、建設業の職人さんを育てる取り組みを行っている団体の、関西初プレ講座をご紹介します。。

関東で行われたプレ講座には私も見学に伺い、右も左もわからず現場職人となり先輩職人や親方に叱り飛ばされてはすぐにやめていく若者にとって、非常に優しく為になる講座だと思いました。
そりゃ一昔前の職人さんからすれば『甘いこと言ってたらあかん!俺らの時は親方に小突かれたもんやで~!』とおっしゃられるかもしれませんが、今は今ですよ!!昔は昔はと言っていても将来は良くなりません。是非、まだ経験が浅い職人さんを雇っている工事会社さん、親方さんは参加させてみてはどうでしょうか!?参加費は無料となっていますので試してみるチャンスではないでしょうか。。

代表理事の仲本氏は、自身でも業界上位の工事会社も経営されており、その立場でおられるにもかかわらず更に業界の事を思い、日々多忙にもかかわらず頑張っておられますし、人としてもすごく立派な方です。是非とも無料のプレ講座にご参加いただきそれらを体感してもらいたいと思います。。

(社)クラフツメンスクール関西プレ講座案内

※問合せ・申込先は案内の中にございますのでそちらでお願いします。。



 

建設業のクラウドソーシング

何度かこのブログでもご紹介した、建設業手間請け支援アプリ『請なび』が、リフォーム産業新聞さんで取り上げられました!
20150203043038



































中小零細の建設工事会社さんが、職人の流動化に賛同してくれたり、率先して職人さんのクラウドソーシングを理解し、利用してくれるにはまだまだ遠さを感じるものの、ほぼ確実に来るであろう建設業のIT化、それに伴って起こる様々なイノベーションの風。。
なんか見えますよね!!自分の幻覚だったらしょうがないですが。。笑

どこかの記事にもありましたが、日本の建設業者は労働者(建設職人さん)を軽視して扱いすぎなんでしょう。。だけど工事会社だってそんな簡単な事ではないんですよ。利益を確保できなければ、職人さんを大事になんても言っていれませんから。
元を辿れば、発注者、事業主の価格競争や生き残りの為の下請叩きが原因で下へ下へと影響が来た結果だと思います。その逆流を起こし、対応企業が残っていき、対応できない企業は淘汰されていく。。そんな事を言っていますが自分の工事会社もそれらに対応できるか必死もんですよ!!(>_<)

ついでにお願いなんですが、そんな時代の変化をいち早く感じ、共感していただけるような工事会社の方が居られましたら何か協力いたしませんか!?色んな取り組みを協力してやりましょう!!
是非是非、ご連絡お待ちしていま~す!!info@ukenavi.com
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ