想定とは違い、奥さんは謝っても謝っても一向に怒りを収めてくれる気配はありません。私は一生懸命に悪気がなかったことを伝えました。元請けの監督さんも短時間で頑張って張替工事をしてくれた職人さんは悪くない。元請けとして私からも謝ります。などいろいろ言ってくれましたが効果はありませんでした。逆にエスカレートしていくばかりでヒステリックな甲高い奥さんの罵声が近所にこだましていました。玄関先にご主人もいたので私は奥さんを止めてくれないかなと期待しますが、奥さんの代わりに赤ちゃんをあやしながら家の中からチラチラ見るばかり、、期待できそうにありませんでした。

そしてこんなやり取りがありました。奥さんが「植物の枝が折れたらその後どうなるか答えてみなさいよ!」と言うので私も若かったのか、長時間罵声を浴びせられてイライラしていたのか、本当にそう思って答えたかは覚えていませんが「また次の季節に生えて来ませんか!?」と答えたのでした。そして奥さんの次の言葉が耳を疑うようなセリフでした。「何言ってんの!だからあんた達みたいな職人は頭悪いのよ!頭悪いから職人しかできないのよ!学校もろくに出てないんでしょ!」私はこんな言葉をまともに吐ける人が世の中にいるんだと驚きました。そして私はその奥さんを軽蔑しました。
更には「土下座しなさいよ!!」と来たものだから本当にビックリしました。私は頭に来てプッツンしましたが仕事をいただいている元請工務店や外壁工事会社にこれ以上迷惑をかけるわけにはいきません。私は人生で初めてアスファルトの上で土下座して謝りました。これにはご主人も元請けの監督さんも慌てて止めに来ました。こんなことでと言っては何ですが、だいの大人に道端で土下座までさせる行為はさすがにやりすぎだとなったようです。奥さんはぶつぶつ言いながらも一旦収まりました。

結局、それ以上のトラブルにはなりませんでしたが、あとで元請けの監督さんにも、その話を聞いた工事会社の社長にも悪かったな~と謝られました。私はそれ以降まだ土下座をする状況にはなっておりません!笑 今思い出すと土下座をするとかしないの前に、仕事やそれに伴う生活を壊さない一心であの時は土下座でもできたんだな~という過去の自分のひた向きさへの関心するばかりです。笑
今後もそんな場面がないことを祈りつつも、逆にお客さんにありがとうって言ってもらえる回数をどんどん増やしていけるよう頑張っていきたいと思います。

STANDARD LIFE by RYUSO

きゅうり