以前から不動産業者というのはダーティーなイメージがありますねもちろん現在もそのイメージは拭いきれていませんが、アメリカなど海外では不動産エージェントというのは弁護士や証券マンと同じように尊敬される職業のようですではなぜ日本はそうならないのでしょうかいろいろと昔からの原因はあるでしょうけど現在の問題点としてはやはり両手仲介が大きな原因のような気がします

民法では基本的に双方代理は禁止されています。これは契約では通常、双方の当事者が利益相反しているからですその両者の代理をする場合、どちらかの利益になる代理行為は反対の人にとっては不利益だからですということは本当に委任者の利益に寄与できる活動ができるか疑問がありますよねだけども、、、媒介(仲介)はいいんですよね~その結果、集客力のある大手不動産会社を筆頭に物件売却を依頼されたらとりあえずその物件情報は伏せます自分たちでお客さんを見つければ売りと買いの両手仲介になりますから手数料も2倍ですね、、たとえすぐに広く情報を発信することで希望価格ですぐに売却できるとしてもそうしません売主さんにとって「希望価格ですぐに買い手がついた」という利益を握り潰しているのです

しかしながら、法律でも認められている行為ですし、きちんと短期間で買い手を見つけ、また、売買当事者双方にとってしっかりと根拠を基にした商談をおこなっていけば依頼者の不利益にならないようにすることも可能だと思います

弊社では売却依頼を受けた場合、短期間で声をかけれる当該不動産の近隣の方、見込みのお客様に提案次第すぐに情報を公開するようにしております今後は両手仲介をしないという方向性も検討しております購入依頼を受ければ100%購入者のことしか考えない売却依頼を受ければ100%売却者のことしか考えないそういったエージェントスタイルでやっていく仲介業務のほうが私は正義かなって思ったりしています 集客では大手不動産会社には到底敵わなくとも、ご縁をいただいたお客様への満足度だけは負けないよう努力し、すべての取引で「ありがとう」と言っていただけるように頑張っていきたいと思います~

STANDARD LIFE by RYUSO

ビジネスサンキュー